家の近くに横断禁止ではない(交差点のない)道路がある。横着してショートカットしてそこを通ると、駅へ行く近道だ。私を含めて時々、車が途切れるのを待って横断しようとする人を見かける。

一方、ご近所さんで数年前にそこを通って大事故に遭われた方がいる。そんな危ない所を渡るのは、その人にも責があるという人もいる。私もその事故を知った直後は、やめようと決意した。しかし、そのうち、視界も悪くないし・・ということで、また通りだした。これではいけない。「清く正しく生きる」を2013年からの標語としているので、それでは言行不一致である。このブログに記すことによって、これからは清く正しく交差点のある道路を信号待ちしてでも渡ろうと自己宣言する。

私達に類似した行動はないだろうか。歩くために電車の一つ駅前から歩いているにもかかわらず、そのような瑣細なところで近道を通ることにこだわっている矛盾。健康のためにというくらいならば、遠回りしてでも正規の道を渡ろう。

 

*** ここ数日暖かい。これからしばらく春の息吹を感じるショットを載せることにする。
今にも咲きそうなオキザリスから

f:id:Miketoy:20130205074344j:plain