あなたがジャケットをお召しだったから いけなかったのだ・・・・

新宿駅です

ターミナルには風がつきもの

誘いかけるように

車掌のジャケット後ろがめくれ上がり・・・

 

  て

   て て 

    て・・・

     わたくしに なにか 用でも? (ふわり)

      風鈴のように涼しい視線をなげかける

      アーキテクチュア車掌さん・・・・

  

 ・・・・夏に ジャケットをお召しの車掌に出会うことは

 たいへん喜ばしいことだ

 駅員に肉体はないかもしれない

 ただ体幹があるだけかもしれない

  Standing

    Moving

  Touching

     Smiling

 動くことによってはじめて明らかにされる車掌の

 引き締まりながらも柔らかに肉付いた身体性

 ああ、

 わたしはそのからだの輪郭を知りたい

 わたしはあなたの身体のサイズを知りたい

 ・・・

そう思ったわたしは

ひとまず 車掌を縛ってみることにした

新宿駅で 発車を待つ 車掌が

ホーム後部の隙間に入って ほうっとした

そのすきに

 

 し ば る !!

 縛って、縛って、両手を使えなくして、床に倒して、蹴っ飛ばして、・・・

 ・・・髪!

 み み み !!

   × ど ど ど ×

  か  か か      ×   ・・・・・

    て て・・・・

加害する折鶴のセレナーデ、

 口の利けない車掌に出会う。

  先週わたし体調不良でここ通ったもうなんだか死にそうだった

   今週わたしはセロファンテープで見える景色をくっつける、生きているとは関連付けること・・・

   わたしの足元で縛られ床に倒れる車掌を抱きたい・・・

    今夜新宿には風が舞う おがくずが踊る 赤いシリウスが燃え尽きる新宿駅・・・・・

   い い ですか さわります よ カル テにそ う書い ておき

    ます よ 治療上 やむをえ ないと医 師が判 断したら・・・・

 言葉をなくした車掌のイメージ

 口をふさがれた車掌のイメージ

 タッチ・・・

  ああ、着やせ・・・・・!

   あっ、ここが

     肩甲骨・・・・!

     ああ、車掌だって汗ばむ・・・

      のだわ・・・・ 

 

 と 手ごたえを感じた 

    とたん・・・

   車掌はふっと消えてしまった。

   ああ、わたしの足元で車掌を縛って踏んづけて

   いたわってなぐさめてくちづけてひっぱってあげたいと

   思った のに   ・・・

   わたしが車掌だと思っていたのは 吐瀉物 だった らしい しかも 3日前 の

     見上げればそこに本当の車掌が居て

     笛をくわえて 声もたてずに薄笑いした

     菊の御門のキーホルダーをつけた笛を

     新宿駅でだけ でしたが

     ひゅーっと 吹いて

     そう ロング!